着物(きもの)の日は11月15日

11月15日といえば、七五三ですね。
では、なぜ11月15日がきものの日なのでしょうか…。

全日本きもの振興会が、発足と同時に、着物文化発展のために定たからなのです。
11月15日になった理由は
①七五三が子供たちの成長を願う日であり、着物が似合う日だから
②家族そろって着物でおでかけをしてほしいという願いから

最近では着物姿はイベントや式典など特別な時以外ほとんど見る機会がなくなっています。
その理由として、
-着るのが面倒臭い
-着方が分からない
-着た後の手入れが大変
などの言葉をよく聞きます。

私自身はお洋服よりもお着物の方がよく着ます。
京都では着物パスポートがあり、お洋服でいるよりもお着物でいる方がお得なんですよ!
例えば、和服でタクシーに乗ると割引されたり、
お寺や神社で割引や粗品がもらえたり、
レストランが実質半額になったり…
京都に来る際は絶対にお着物がお勧めです!

日本の古き良き文化、着物がこれから先も続きますように!
是非、お着物でお出かけする機会を作って欲しいです。

着物(きもの)の日は11月15日

11月15日といえば、七五三ですね。
では、なぜ11月15日がきものの日なのでしょうか…。

全日本きもの振興会が、発足と同時に、着物文化発展のために定たからなのです。
11月15日になった理由は
①七五三が子供たちの成長を願う日であり、着物が似合う日だから
②家族そろって着物でおでかけをしてほしいという願いから

最近では着物姿はイベントや式典など特別な時以外ほとんど見る機会がなくなっています。
その理由として、
-着るのが面倒臭い
-着方が分からない
-着た後の手入れが大変
などの言葉をよく聞きます。

私自身はお洋服よりもお着物の方がよく着ます。
京都では着物パスポートがあり、お洋服でいるよりもお着物でいる方がお得なんですよ!
例えば、和服でタクシーに乗ると割引されたり、
お寺や神社で割引や粗品がもらえたり、
レストランが実質半額になったり…
京都に来る際は絶対にお着物がお勧めです!

日本の古き良き文化、着物がこれから先も続きますように!
是非、お着物でお出かけする機会を作って欲しいです。

コメント