書道と習字の違いって何???

書道と習字は同じだと思っていました!
という声をよく聞きます。
日本語教師だった私からすれば、異なる言葉があるのは異なる意味を持つからです。書道と習字が同じ意味なのであれば1つの単語で充分だと思います。

あなたは学校教育でどの科目を勉強しましたか?

①習字
②書道
③書道パフォーマンス
④習字と書道の両方

おそらく、習字と答えた人が多いのではないでしょうか?
私は習字という授業科目を学びました!

習字とは

日本では学校教育に習字(Calligraphy)の科目があります。なぜなら、美しく文字を書くことを重要としているからです。習字とはお手本を見ながら同じように文字の練習をすること。つまり、字を習うことが習字です。
習字は毛筆できちんとした字を書くことです。
だから、独自に個性をアレンジしたり、ユニークな作品を書いたり、絵を含んだ文字を書いたり、感性を込めて書き上げたりはしません。
あくまでも、習字は字を学ぶこと、お手本通りに美しい字を書けるようになることを目的としています。
だから、習字教室で昇級試験があるわけです。
綺麗な字を書けるようになりたい!と思っている方は、書道教室ではなく習字教室へお稽古に通ってください。
正しい筆順で「とめ」「はね」「はらい」などを意識しながら、お手本通りに真似して書かなければ美しい字は書けません。習字を学ぶと正しい書き順を覚えられるのは、間違った書き順(筆順)では美しい文字は書けないからです。

書道とは

書道(The way of writing)とは自分の思いを筆で自己表現する芸術です。単に文字を書くのではなく、文字に感情を込めて書き上げます。
また、『書道』は自分の心の中を写し出します。
書道は習字と違い、お手本通りに書くという決まりはないため正解もありません。つまり、芸術。自由に自分の感情を表現するものです。
日本には『道』がつくお稽古事があります。例えば、柔道・剣道・華道・茶道・書道です。『道』とは”The way of”という意味です。 『道』とは単に遊びや趣味でするのではなく、信念や哲学を持って、魂(spiritual)・精神(mental)・肉体(physical)を鍛え、その道を究めることです。その為、礼に始まり礼に終わります。『礼に始まる』とは、お稽古が始まる前に、結界を引きお辞儀をし、先生へ対しての敬意(respect)、道具に対しての敬意(respect)を表します。『礼に終わる』とは、お稽古を教えてくれた先生へ敬意(respect)、使ったお道具へ敬意(respect)、練習をした自分へも敬意(respect)を表し、感謝の気持ちで結界を引き礼をし挨拶で終わります。
書道ではインクやペンではなく、固体の墨を使います。硯に水を入れ墨をこすり合わせることで1時間~2時間かけて黒いインクが出来上がります。このインクを作り上げている時間に、心の中を無にし精神を整え、リラックス出来なければ良い作品は書き上げられません。この墨すりでもspiritual・mental・physicalを鍛えています。

『道』という言葉は「我が道を行く」、「道を究める」という言い方をします。Green Rose で体験される方がそれぞれの人生を、自分らしく自分の道を見つけていって欲しい。自分の人生は自分の選択次第で決まるという想いをこめて伝えています。
私が書道を通して本来の自分を表現できるようになったように、私の書道を通して、ストレスや悩みを解決し、自分の道を歩みだすきっかけになれば嬉しいです。

Green Rose では

社会からのストレスや悩みを抱えている人、世界中全ての方に、それぞれが自分らしい道『The way of』を見つけ出し、1度きりの人生挑戦し続けて欲しい。自己を見つめ直し、明るい未来を進めるきっかけに体験を提供しています。
また、特別な思いで作りにダイナミックな書道パフォーマンスで【道】を学ぶ空間の提供をしています。

Green Rose の由来

花言葉 ”Keep your hopes up:あなたは夢を持ち得る” から名付けました!
Green Roseで道を体験する全ての方の夢や希望が叶いますように…。という願いを込めてつけさせて頂いております!

書道と習字の違いって何???

書道と習字は同じだと思っていました!
という声をよく聞きます。
日本語教師だった私からすれば、異なる言葉があるのは異なる意味を持つからです。書道と習字が同じ意味なのであれば1つの単語で充分だと思います。

あなたは学校教育でどの科目を勉強しましたか?

①習字
②書道
③書道パフォーマンス
④習字と書道の両方

おそらく、習字と答えた人が多いのではないでしょうか?
私は習字という授業科目を学びました!

習字とは

日本では学校教育に習字(Calligraphy)の科目があります。なぜなら、美しく文字を書くことを重要としているからです。習字とはお手本を見ながら同じように文字の練習をすること。つまり、字を習うことが習字です。
習字は毛筆できちんとした字を書くことです。
だから、独自に個性をアレンジしたり、ユニークな作品を書いたり、絵を含んだ文字を書いたり、感性を込めて書き上げたりはしません。
あくまでも、習字は字を学ぶこと、お手本通りに美しい字を書けるようになることを目的としています。
だから、習字教室で昇級試験があるわけです。
綺麗な字を書けるようになりたい!と思っている方は、書道教室ではなく習字教室へお稽古に通ってください。
正しい筆順で「とめ」「はね」「はらい」などを意識しながら、お手本通りに真似して書かなければ美しい字は書けません。習字を学ぶと正しい書き順を覚えられるのは、間違った書き順(筆順)では美しい文字は書けないからです。

書道とは

書道(The way of writing)とは自分の思いを筆で自己表現する芸術です。単に文字を書くのではなく、文字に感情を込めて書き上げます。
また、『書道』は自分の心の中を写し出します。
書道は習字と違い、お手本通りに書くという決まりはないため正解もありません。つまり、芸術。自由に自分の感情を表現するものです。
日本には『道』がつくお稽古事があります。例えば、柔道・剣道・華道・茶道・書道です。『道』とは”The way of”という意味です。 『道』とは単に遊びや趣味でするのではなく、信念や哲学を持って、魂(spiritual)・精神(mental)・肉体(physical)を鍛え、その道を究めることです。その為、礼に始まり礼に終わります。『礼に始まる』とは、お稽古が始まる前に、結界を引きお辞儀をし、先生へ対しての敬意(respect)、道具に対しての敬意(respect)を表します。『礼に終わる』とは、お稽古を教えてくれた先生へ敬意(respect)、使ったお道具へ敬意(respect)、練習をした自分へも敬意(respect)を表し、感謝の気持ちで結界を引き礼をし挨拶で終わります。
書道ではインクやペンではなく、固体の墨を使います。硯に水を入れ墨をこすり合わせることで1時間~2時間かけて黒いインクが出来上がります。このインクを作り上げている時間に、心の中を無にし精神を整え、リラックス出来なければ良い作品は書き上げられません。この墨すりでもspiritual・mental・physicalを鍛えています。

『道』という言葉は「我が道を行く」、「道を究める」という言い方をします。Green Rose で体験される方がそれぞれの人生を、自分らしく自分の道を見つけていって欲しい。自分の人生は自分の選択次第で決まるという想いをこめて伝えています。
私が書道を通して本来の自分を表現できるようになったように、私の書道を通して、ストレスや悩みを解決し、自分の道を歩みだすきっかけになれば嬉しいです。

Green Rose では

社会からのストレスや悩みを抱えている人、世界中全ての方に、それぞれが自分らしい道『The way of』を見つけ出し、1度きりの人生挑戦し続けて欲しい。自己を見つめ直し、明るい未来を進めるきっかけに体験を提供しています。
また、特別な思いで作りにダイナミックな書道パフォーマンスで【道】を学ぶ空間の提供をしています。

Green Rose の由来

花言葉 ”Keep your hopes up:あなたは夢を持ち得る” から名付けました!
Green Roseで道を体験する全ての方の夢や希望が叶いますように…。という願いを込めてつけさせて頂いております!

コメント