書道パフォーマンスのご依頼

新年書道パフォーマンス

新年書道パフォーマンスのお問い合わせ、イベント出演依頼、講演のご依頼を頂きありがとうございます。
多数のご依頼により調整の出来ないお日にちもございます。何卒、ご理解宜しくお願い致します。

書道パフォーマンスとは

書道パフォーマンスは巨大筆で文字を書き、和の空間を会場全体で作り上げる演出です。
社会からのストレスや悩みを抱えている人、世界中全ての方に、それぞれが自分らしい道『The way of』を見つけ出し、1度きりの人生挑戦し続けて欲しい。自己を見つめ直し、明るい未来を進めるきっかけに書道パフォーマンス体験を提供しています。
私の書道パフォーマンスの原点は、書道家だった親戚の書道教室へ6歳から通い、文字の習得をしていました。習字教室に通っていた頃、紙いっぱいにダイナミックな文字を書いていました。幼い頃、上手く自分を出せず悩みストレスを抱えた時も筆を持てば本来のありのままの自分を出せる、そんな場所が書道でした。
私の書道パフォーマンスでは、「はい!」という掛け声と共に内にある全てのエネルギーを出し、ダイナミックな書で表現しています。
また、大きな筆を自分の前に置くことにより、結界(ボーダーライン)を引いています。『結界』とは仏教の考え方です。日本では食事の時に箸で結界を引き、人間界と食物界を区別しています。食べる前には食べ物に感謝し『いただきます』、食べ終わった時に再度食べ物に感謝し『ごちそうさまでした』と言います。
また、「〇道」というような「道」がつくお稽古でも結界を引きご挨拶をします。
『礼に始まる』とは、お稽古が始まる前に、扇子を膝の前に置き、結界を引きお辞儀をします。先生へ対しての敬意(respect)、道具に対しての敬意(respect)、お稽古する場所へ対しての敬意(respect)を表します。
そして、『礼に終わる』とは、お稽古が終わった後にも扇子で結界を引きご挨拶をします。お稽古を教えてくれた先生へ敬意(respect)、使ったお道具へ敬意(respect)、練習をした自分へも敬意(respect)を表し、感謝の気持ちで結界を引き礼をし挨拶で終わります。
私の書道パフォーマンスでも私の領域と観客の領域の区別をつけています。書道パフォーマンスを開催できる空間へ敬意(respect)、見てくださる観客へ感謝し敬意(respect)、私の書道人生において支えてくださっている全ての方へ敬意(respect)して礼に始まっています。日本人である誇りを持ち、日本の伝統衣装である着物を着て書道パフォーマンスすることにより私らしいパフォーマンス【道: The way of】を表現しています。
『道』という言葉は「我が道を行く」、「道を究める」という言い方をします。幼い頃より書道という道を究め、書道で生きるという私の決意を書道パフォーマンスで表しています。これまでの歩みとこれから果てなく続く人生、これからも続く書道人生を表現しています。書道という人生の歩みが永遠に続き、道を究めていくという気持ちを込めて書道パフォーマンス体験を指導しています。見てくださる方がそれぞれの人生を、自分らしく自分の道を見つけていって欲しい。自分の人生は自分の選択次第で決まるという想いをこめています。 私が書道を通して本来の自分を表現できるようになったように、私の書道パフォーマンスを通して、ストレスや悩みを解決するし、自分の道を歩みだすきっかけになれば嬉しいです。

書道とはこちら

習字とはこちら

Green Roseでの書道パフォーマンス

書道パフォーマンス体験をしたお客様の声

2019年,書道パフォーマンス/ 那覇・沖縄から
以前から岩﨑先生のファンで、ずっとやってみたいと思っていました。カナダ人の友達と参加しました。
迫力あるパフォーマンスして書けるポイントを分かりやすく丁寧に教えていただきました。
習字じゃなく書道だから!と教えていただき、
自分たちのやりたいように自由に書かせてもらえて大満足!
友達も日本で1番の思い出と言って帰国したので、最高の思いで作りになりました。
ありがとうございました。

お客様の声はこちら

Green Roseが選ばれる理由

社会からのストレスや悩みを抱えている人へ体全体でスピリチュアル(魂)メンタル(心)フィジカル(身体)を鍛え上げ、次への道を切り開くきっかけになればと思い、体験を提供しています。
また、特別な思いで作りにダイナミックな書道パフォーマンスで【道】を学ぶ空間の提供をしています。

2021年新年書道パフォーマンス受付

多数の依頼に伴い、間もなく受付終了とさせて頂きます。
またの機会にご依頼頂けますようお願い申し上げます。

2022年新年書道パフォーマンス

1年先ではございますが、2022年の新年書道パフォーマンスの依頼の受付を開始致します。
先着順での確約とさせて頂きますので、お早目にお問い合わせ頂けると幸いです。

予約の流れはこちら

お問い合わせはこちら

予約はこちら

体験場所はこちら

キャンセルポリシーはこちら

コメント